カーテンレール ダブルの激安通販サイト

カーテンレール ダブルに関する通販商品をご紹介しています。



TOPページ | 次のページ

日本製 タチカワブラインド ファンティア 1.82m ダブル カーテンレール【ホワイト グレージュ ナチュラル ミディアム セピア ダーク】

価格: 3,980円 レビュー評価:4.64 レビュー数:351
 ●商品仕様    サイズ : 1.0m、1.82m、2.0m  カラー : ホワイト、グレージュ、ナチュラル、ミディアム、セピア、ダーク  仕 様 : シングル・ダブル/正面付け(天井付けの場合はご一報下さい)  素 材 : レール/オレフィン系樹脂皮膜鋼板 ブラケット/スチール キャップ・ランナー/樹脂  生産国 : 日本製    ●商品説明  ・高級感、走行性、デザイン性に優れたプロ仕様のカーテンレールです。 ・ブラケット、キャップ、ランナー、ビス等、全て梱包されたセットです。 ・この商品のランナーは一般的なカーテンレールよりも直径が大きいので、カーテン開閉時の走行音が静かで、軽くスムーズです。 ・ご指定のサイズにカットする場合、最高5mmのカット誤差は許容範囲でお願い致します。    ●ご注意下さい&n
(更新日時:2015/08/31 18:51)

角型伸縮カーテンレール 2.0mダブルタイプ

価格: 1,080円 レビュー評価:4.41 レビュー数:492
商品詳細 ・伸縮レールだから1.1m?2.0mの窓に御使用出来ます。 ・壁面付けだけでなく、天井付けももちろんOK! ・サイドからの光漏れを防ぐリターンキャップ付き! ・マグネットランナー・回転ランナー全てが揃ってこの価格!しかも、片開き用マグキャッチも採用しました。 SPEC ・サイズ:正面付けの場合  1.1?2.0m(伸縮タイプ)       天付けの場合   1.5?2.0m(伸縮タイプ) ・材質:本体・焼付塗装鋼板(スチール製)、 POM・PE ・made in China ・取付けネジ付属(木部専用) 知っておいて頂きたいこと ※カーテンレール以外の用途にはご使用出来ません。 ※取付けにはドライバーが必要です。 ※付属のネジは木部専用です。石膏ボードには取付け出来ません。必ず木部に取付けて下さい。 その他のサイズはこちら 1m シングルタイプ(0.6?1.0m) 1m ダブルタ
(更新日時:2015/08/31 18:51)

フリースライドレール エコノ 2m ダブル 11944-11968【カーテンレール】

価格: 972円 レビュー評価:4.52 レビュー数:84
窓に合わせて長さが調節伸縮カーテンレール!伸縮タイプだから窓に合わせて調節できます。ドライバー1本で取付簡単!マグネットランナーでカーテンのすき間もピッタリ!●伸縮可能範囲:1.1m?2.0m●カラー:ホワイト/ブラウンインラインフレームに未対応のブラウザをご使用の方はこちら
(更新日時:2015/08/31 18:51)

シングル&ダブルタイプ選択/7種類のキャップ/8色のカラー/TOSO/日本製装飾カーテンレール(レガートスクエア)サイズカット品 30-300cm製作可能(AMTO002)

価格: 540円 レビュー評価:4.6 レビュー数:5
「モダンを引き立てる、フラットデザイン」シックからナチュラルまで、幅広いインテリアコーディネイトが可能なレガートスクエア。 直線的でシンプルモダンなインテリアを引き立てる、フラットデザインです。 *商品の性質上、寸法には1cm未満の誤差が発生する場合がございます。予めご了承ください。発送日目安 : 5営業日以内
(更新日時:2015/08/31 18:51)

【送料無料】 木目調 伸縮アイアンカーテンレール 2mダブル 装飾 1.2m?2.0m ラフェスタ

価格: 3,480円 レビュー評価:4.41 レビュー数:172
  シャープなラインが美しいスタイリッシュな木目調伸縮レール【ラフェスタ】。 カラーは家具や床の色に合わせやすい木目3色。 シンプルで高級感溢れるデザイン性。 ランナーの滑りも良く使いやすいカーテンレール。 窓の幅に合わせて伸縮するのでカットの必要がなく、取付けも簡単です。 サイズは2.0m用と3.0m用を御用意いたしました。           北欧の雰囲気を醸し出すアンティーク木目調ホワイトが よりカーテンをオシャレに引き立てます。        どのカーテンにも合わせやすい自然色ナチュラル色とメタル調との組み合わせがスタイリッシュな仕上げとなっています。          モダンな空間を優雅に演出してくれるダークブラウン色。 お部屋をシ
(更新日時:2015/08/31 18:51)

Supported by 楽天ウェブサービス

TOPページ | 次のページ